2010年03月04日

愛着の爪とぎ

2010-3-3-2.jpg


この子達がまだ保護部屋で生活している頃に使っていたこちらの木製の爪とぎ。
猫たちが気に入っていたので引き取る際に一緒に持ってきたんですが、2年半でこうなりました↓



n2010-3-3-1.jpg


2本あるんですが、もうところどころ薄くなってボロボロになっています。
あまりにも気に入っているので、捨てるに捨てられずにいるんですがそろそろ取り替えてやりたい。
段ボール製の爪とぎも置いてあるのですが、やはり木製がいいかとホームセンターで木材を買ってきてノコギリで半分に切ってみた。



n2010-3-3-3.jpg


n2010-3-3-4.jpg


上に乗ってはくれるが・・・誰も爪を研いでくれません(* ̄ω ̄)あぅ。
引っかかりがあった方がいいかと、彫刻刀で溝を掘ってみた。



n2010-3-3-5.jpg



n2010-3-3-6.jpg



n2010-3-3-7.jpg



駄目出しです。猫に駄目出しされています。
いまだに誰一人爪とぎとして使ってくれないので、大変綺麗な状態を保ったままです。
はい(* ̄ω ̄)


何が違うんだよ〜。


↓ランキングに参加しています。



posted by ねこのめ at 00:10 | 兵庫 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の猫(2010年前半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
材質が硬いのかもしれませんね、ウチの桐すのこベッドはボロボロです
あるいは木の匂いに違いが有るのかな?

でも、ダンボール爪とぎで充分喜んでると思いますよ
こんなに大事にしてもらって、なんて幸せなコたちでしょう

愛着の爪とぎも、思い出の品でも有りますし
支障が無ければ、そのまま置いておくのも良いかもです

私も猫がお気に入りだった猫タワー、まだ置いて有ります
今でも猫タワーで爪をバリバリとぐ姿や音が思い出に残ってます
猫が爪をとぐ姿って、とても可愛いんですよね
Posted by kei at 2010年03月04日 01:29
ねこのめ様 こんばんは。

日曜大工、工作一般が大好きなねこのめさんならではの
手作り爪とぎですね。
なんで不人気なのでしょう?
まな板みたいに平らだから・・・。山型が良いのかな?
床柱に使う北山杉の磨き丸太を縦に半分にって杉の磨き丸太が
いくらするのか知ってるのって突っ込みは無しで・・・。

古い爪とぎもいい味出ているし15(16)にゃんも製作に
関わっていたのですから処分などせずに是非、永久保存の方向で
ご検討お願い致しますね。
Posted by エルム at 2010年03月04日 02:09
>keiさん

この木なんですが意外と柔らかいんですよね。彫刻刀で簡単に掘れるくらい。
もしかしたら桐とか堅いもののほうが爪とぎに向いているのかなぁ?

猫が爪を研ぐ姿可愛いですよね〜( ̄∀ ̄*)なんか必死!って感じでね。
だけど・・・壁紙や柱でバリバリ研いでる姿はあんまり可愛くない〜。
もう部屋はボロボロ。とほほ。
Posted by ねこのめ at 2010年03月05日 01:34
>エルムさん

久しぶりにノコギリやら彫刻刀を使ったので楽しかったですよ〜( ̄∀ ̄*)
猫の好みはホントわかりません。
床柱なんてあった日にゃ〜絶好の爪とぎどころとなるんでしょうね。
いくらするんだろう?

にゃんこ制作の古い爪とぎは、なぜか真ん中あたりだけツルツルぴかぴかになっているんですよ。触り心地が大変良い。
ここまでなるもんかね〜と感心したりしていますよ(=`ω´=)
Posted by ねこのめ at 2010年03月05日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。