2013年10月16日

シロとどじ子とクロスケと夫と私。

ご無沙汰しております。
このところバタバタしていてブログの更新がなかなかできませんでした。
コメントの返信も出来ず大変申し訳ありせん。コメントをありがとうございました。
少し落ち着きましたので再開させていただきます。よろしくお願いますね〜 ̄O ̄)ノ

さてさて。

猫も人間も、年と共に何かと体に不都合が出てくるものです。
現在、我が家で病院に通院中なのが、夫、私、シロ、どじ子、クロスケです。
夫は皮膚科と歯科、私は耳鼻咽喉科、シロ、どじ子、クロスケはもちろん動物病院です。
まず、難治性の口内炎で長い間治療を続けているシロ君ですが、口内炎だけはなく歯にも異常が現れ始めました。

2013-10-16-1.jpg


先日病院に行った際、先生に「シロ君の歯を3本抜きましょう。」と言われビックリして足が震えました。
もちろん全身麻酔はするのですが、1度に3本も歯を抜くなんて・・・人間だって歯を抜けば痛いのに、こんな小さな体の猫に負担がないはずがありません。
歯石を除去するだけでも良くなる可能性はあるということですが、それでもやはり全身麻酔が必要。どうせ麻酔をするなら抜いてしまったほうが今後のためには良いという先生の診断です。
あまりのことに、自分一人では結論が出せず後日返事をすることになりました。

夫に聞いてみたら、
「麻酔から目が覚めて、歯が3本もなくなってたらシロがあまりにもかわいそうだ。」
と言うので、今回は歯石の除去だけにしようかと思っているところです。
私の気持ちはまだはっきりと決まってはいませんが。
う〜ん。どうしたらいいんだろう。う〜ん。う〜ん。う〜ん。

悩んでいる暇もなく今度はどじ子ちゃんです。

2013-10-16-2.jpg


猫のまぶたから耳にかけて毛が薄くなっているところがありますね?
もともと薄くなっているので気が付かなかったのですが、ハゲに敏感な(=`ω´=) 夫が、どじ子にハゲが出来ている!と騒ぐので病院に連れて行ったんです。
大したことはないだろうと思っていたんですが、
「典型的な猫のアレルギーです。食物アレルギーの症状です。」
どじ子を見た瞬間、先生がそう言った。

皮膚炎かそういった類の病気だと思っていたら、食物アレルギー?
他の子も全員同じカリカリなのに、なぜどじ子だけにアレルギーが出るんだろう。分からない。
なんの食材にアレルギー反応が出るのか検査も出来るそうですが、とりあえず2週間、錠剤とシロップの薬で様子を見ることになりました。

そうそう。
この病院は、これまでほとんどの猫がお世話になっているのですが、どじ子が病院に行くのは今回が初めてだったんです。
他の子のカルテはあるんですが、今回は初診ということでどじ子のカルテも作らねばなりません。
受付で、猫ちゃんのお名前は?と聞かれ一瞬迷いが出た。
なんせ「どじ子」ですからね( ̄∀ ̄*)

以前、チーコ(チビどじ)の名前を聞かれ、ホントは「チビどじ」という名前なのに「チビ」と偽名を使ったことがありました。
のちに「チビちゃんどうですか?」と聞かれ、チビって誰だっけ?と困ったことがあったので、勇気を出して言いましたがな。

「どじ子」ですって。

スタッフさんに大笑いされたのは言うまでもない。
いや〜猫の名前は考えてつけないといけないもんです。はい(=`ω´=)

2013-10-16-3.jpg


さて次は「女の子なのにクロスケという名前の猫ちゃんの巻」です。

ある日、クロスケが突然口の中を痛がり出した。
走り回って痛がる。
直前にドアに顔をスリスリしていたのを見ていたので、口の中にトゲでも刺さったのかと慌てて病院に向かった。
いつもの病院についてみるとなんと休診の看板が!しかも2日間だ!
パニックになり足が震える私。
このまま2日も待てないと、お隣の猫ちゃんが通っている少し離れた動物病院に連れて行ったんです。

診察台に乗ったクロスケを見た先生がこう言った。
「あらこの子、目どうしたの?」
いや・・・先生、悪いのは目じゃなくて口の中だし( ̄●● ̄)

これでも目を開けている。
2013-10-16-4.jpg


目が細いのは生まれつきなんですよっ!と力説し、口の中を診ていただいた。体が真っ黒なクロスケちゃんですが、ライトを当てて見てみたら口の中も真っ黒なんですね。びっくり!
結局、トゲが刺さっているんじゃなくて口内炎という診断でした。
口内炎の発症率が高いよね。うちは。
注射を1本打っていただいて、なんとか症状は治まりました。痛みがおさまったら再診の必要はないということでした。良かったね!クロスケ。

さ〜次はわたくしねこのめ。
お盆の前から患っている滲出性中耳炎なんですが、実はまだ治っていません。
真面目に通院していたんですが、治るどころか悪化して鼓膜切開手術まで受け、その後にまた再発し現在に至る。
鼓膜の切開というのがこれが・・・痛いのなんのって。
ギャーギャー泣き叫んで暴れるもんだから、看護士さんに頭を押さえつけられてあ〜た。苦しんだ末にまた再発です。はい。
もう一度鼓膜を切開し、今度は耳の中に何やらチューブを埋め込むと脅されています。拷問です。
来週の火曜日にもう一度病院に行って、どうなるか決まることになりそうです。あ〜っ。

夫の病名については伏せておきましょう。この記事の文面から想像してくださいまし(=`ω´=)

久しぶりに動画をUPしました。
10月の初めに撮影したものです。
多分ツバメだと思うのですが、楽しそうにバードウォッチングに興じる猫たちです。はい。




posted by ねこのめ at 15:29 | Comment(9) | TrackBack(0) | 今日の猫(2013年10月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ねこのめ様

こんばんは〜!
病院通いって人間以上にネコちゃん達って大変ですよね。(^_^;)」
うちも男子達がすぐに調子悪くなるので、週末は病院です。
なにもなければいいのですがこわいです。
口内炎とかアレルギーとか年齢で急になるのものあるのでしょうか?
ねこのめさん家のネコちゃん達と年が近いので気をつけないといけないなって
不安になりました。(>_<)

それにしてもねこのめさん自身の鼓膜切開!?痛すぎる!!
我慢強いねこのめさんが泣き叫ぶだなんて・・・
全身麻酔にして欲しいですよね。
耳鼻科って怖いですね。病院は本当にできるだけ行きたくないですもんね。
耳にチューブを埋め込む!?本当に拷問ですよね。
次の治療が少しでも痛くない治療になるように祈ってます。m(_ _)m
Posted by とろりん at 2013年10月16日 21:39
>とろりんさん

こんにちは!
アレルギーは年に関係あるのか分かりませんが、口内炎と歯は年齢に関係すると先生がおっしゃっていましたよ。
歯の痛みは私もよ〜く分かるので、何とか痛みをなくしてやりたいんですが・・・抜歯はねぇ。
大事なシロに何かあっては大変だから、まだ決められません。どうしたらいいのかな。

鼓膜の切開はホントに痛かった( ̄●● ̄)
大声を出すので、今度切開する場合は、患者さんが全員帰ったあとにしましょうと言われてしまいましたよ〜。
耳鼻科大嫌い!
憂鬱な毎日です。はい。
Posted by ねこのめ at 2013年10月17日 10:21
ねこのめさんちの旦那さんも猫たちをすごく心配して、大きな愛情もってらっしゃるんですね。なんだかとてもうれしくなりました。よいご家族ですね。。
どじ子さんという名前なんですが、すごく好きです。もーはじめから最高な名前だなと名前でさらに癒されていました。病院で笑われたとのことですが、みんなほっこりしたはずです。どじ子さんのお顔にほんとぴったりなキュートな名前だと思います(o^^o)
シロくんにどじちゃん、そしてねこのめさんに旦那さん、今辛いし大変なときだと思いますが、家族みんなで心を合わせて乗り切ってください。
私はこちらの動画や写真でとても心が癒されてます。いつもありがとうございます。
Posted by いとーあきこ at 2013年10月17日 23:54

それからクロスケちゃん!抜けてました。
クロスケちゃん注射でよくなったでしょうか?長引く口内炎でなければいいですね。。


Posted by いとーあきこ at 2013年10月18日 00:03
ねこのめ様 おはようございます。

故郷に帰省されているのかなと思っていましたが人と猫、みんなで通院だったのですね。
皆さんお大事に。。。

だいぶ前のことですが口内炎が進行した子が全抜歯をしたとの記事を読んだのを思い出しました。
先生の提案が3本とはいえ抜歯とはショックですよね。旦那様やねこのめさんの気持ち、良く判ります。
シロくん、少しでも症状が改善してくれますように!!

どじ子ちゃんのアレルギー、クロスケちゃんの口内炎も早く快復して欲しいです。

そして一番「ガクブル」なのは、、、ねこのめさんの鼓膜切開です。
眼球に注射を3回もしたことのある私が眼をそむけてしまうほどです・・・。
きっと私は耐えられないので中耳炎にならないように気をつけます!!
ねこのめさんの次の治療が痛くないことをお祈りしています。

窓辺のみんなと鳥さん、睨めっこですね。
背中からの想像ですけれどきっと「がん見」しているんでしょうね〜〜。(笑)
Posted by エルム at 2013年10月18日 07:10
>いとーあきこさん

こんにちは!
どじ子なんて名前の猫は多分、病院の受付さんも初めて聞いたんじゃないだろうか(=`ω´=)
「ドジなんですか?この子」って聞かれましたよ〜。ぶはは。
シロの手術は多分2週間ほどあとになるみたいです。負担がかからないように、炎症がおさまってからということですよ。
クロスケちゃんですが、1回の治療で良くなったようです。
現在は元気いっぱい走り回っています!
ありがとうございました ̄O ̄)ノ
Posted by ねこのめ at 2013年10月20日 16:40
>エルムさん

猫と人の通院の他に、私に身内に不幸がありましてやっぱり故郷に帰省していたんですよ。
シロの歯は、最初3本と言われていたんですが、昨日病院に行ったら4本に増えてました。
猫は歯がなくてもご飯は食べられるし、出血もすぐに止まりますからと先生がおっしゃってました。
でもやっぱり心配ですが・・・。

眼球に注射!!!想像しただけで恐ろしい〜( ̄●● ̄)
私もあさって病院なんですが、最近耳の調子が良いのでもしかしたら切開しなくてもいいんじゃないかな?と想像しています。
行ってみないとわかりませんが。
頑張ってまいります ̄O ̄)ノはい。
Posted by ねこのめ at 2013年10月20日 16:45
うわぁ、みなさん大変ですね。お大事にしてください。
猫の抜歯ですが、私のもといた職場の猫達の中にも抜歯していた猫がいて、ドライフードでも食べていたような気がしますが、ちょっとうるおぼえです。口が痛くて食欲がなくなるより良いという判断で抜歯していたような。すいません、こちらもうるおぼえです。
細川君!じゃなくて、クロスケ君でもなく、クロスケちゃんは獣医さんをも驚かせるお目めなのですね〜。どうしたのって言われてもね〜、クロスケちゃん。
Posted by bata at 2013年10月23日 20:46
>bataさん

こんにちは!
抜歯というと何やら恐ろしいのですが・・・大丈夫かなぁ。
3本と聞いていたんですが、この前病院に行ったら4本に増えてました。
先生も、抜歯しても猫はご飯を食べることができるから大丈夫だと言ってまいしたけど。
全身麻酔だからそれが気にかかります。

細川クロスケは現在すっかり元気になり、走り回ってガツガツご飯も食べて目を細めています。
はい(=`ω´=)
Posted by ねこのめ at 2013年10月28日 21:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377682906

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。